花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・シコンノボタン
・ガッツァリア
・アスクルピアス
・ディコリサンドラ
花 木
・ヒメノウゼンカズラ
・プルメリア
・三ヶ根山のアジサイ
樹 木
・大イチョウ
・クスノキ
・木曽五木
実・五穀
・バショウ
・バンペイユ
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・クララ
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・韓国庭園
・店先の空間
・箱庭
花博
・浜名湖花博 2004
・浜名湖花博 2014 @
・浜名湖花博 2014 A
・モザイカルチャー博
管理人
・管理人
大イチョウ 遊行寺   神奈川県藤沢市
大イチョウ
大イチョウ 大イチョウ
 ひときわ大きなイチョウで、遊行寺境内のシンボルとなっている。境内最大の巨木は、市内で一番太い木でもある。
 かつては高さ約31mあったが、昭和57年(1982)8月の台風で地上6の辺りで幹が折れてしまった。今、樹木全体がずんぐりとした形に見えるのは、この時の折損のためです。折れた幹の中は空洞で炭が入っていたので 、過去に火災に遭ったことがあるようです。雨で腐らないよう折れた部分にトタン板を張って防いだところ、樹勢が回復した。平成4年(1992)の調査で686pだった幹回りは、平成20年(2008)の計測では710pと太くなっていた。
  樹齢については、指定時の調査では幹の太さから約650〜700年と推定された。その後、台風で幹が折れた際に行われた折損部材の年輪測定では250年だったので、それ以上の樹齢であることは確かです。ただし、イチョウの古木は根元の外周から生えた若木が育ち、元の木が枯れて中心が空洞になることがあるので、元来の樹齢は不明とせざるを得ない。
 イチョウは中国原産で、日本への渡来は早くても12世紀以降のこと、遊行寺の創建は正中2年(1325)なので、何れにせよこれをさかのぼることはないでしょう。
  雄株なのでギンナンはならないが、晩秋の黄葉はみごとです。例年11月下旬から12上旬に色づく。
 市指定天然記念物。樹高約21m、幹回り710p。
樹木
イヌマキ イチイ 金閣寺・イチイガシ アカシデ エノキ
ウチワノキ 首かけイチョウ アラカシ アコウ アキニレ
イロハモミジ イスノキ 太田宿のエノキ 大イチョウnew
キブシ ギンヨウアカシア 大カツラ カイズカイブキ カシワ
楷の木 月桂樹 コナラ ギンドロ キリ
キササゲ 権萃 木曽五木
シナノキ スジダイ シイ シラカンバ 星流
ジェラシック・ツリー シマトネリコ シメコロシノキ シナアブラギリ サイカチ
シマサルスベリ
チャノキ 糺の森 鉄輪樹 タラノキ 泰山木
嵯峨野・竹林 トチノキ タイワンフウ
ネコヤナギ ナンキンハゼ ネズコ ナナカマド
ホオノキ バオバオ ブナ バクチノキ プラタナス
ハンノキ ベニバスモモ ポプラ並木 ビャクシン 美人林
ボダイジュ ヒマラヤスギ パールアカシア 鉾杉 羽衣の松
ベニバナトチノキ ホルトノキ
メタセコイア モミジバフウ ムレスズメ 三百年の松
ユズリハ ヤナギバアカシア ヤマモミジ
ラクウショウ
 
オガタマノキ
岐阜・オガタマノキ 白峯神宮・オガタマノキ オガタマノキ
カエデ
イロハカエデ 板屋楓 ノルウェーカエデ トウカエデ ネグンドカエデ
クスノキ
文京区・クスノキ 熱田神宮・大楠 青蓮院・クスノキ 小原・クスノキ 事任八幡宮・クスノキ
浜松城・クスノキ 松尾大社・クスノキ 浜松・クスノキ
けやき
けやき(表参道) けやき(静岡) けやき(秋田保存樹)
紅葉
熱海梅園 春野(浜松) 修禅寺(伊豆) 稲武(豊田) 箱根美術館
天龍寺(京都) 西明寺(湖東) 松柏美術館(奈良) 金閣寺(京都)
スギ
京都北山杉 事任八幡宮・大スギ スギ(弘前公園) 月瀬の大杉(長野)
トウカエデ
トウカエデ@ トウカエデA
梛(ナギ)
梛の木(龍潭寺) ナギ(三島) 梛の木(京都)
ムクノキ
善光寺坂・ムクノキ 松尾大社・ムクノキ 清水谷家・椋
ユリノキ
ユリノキ(浜名湖) ユリノキ(上野) ユリノキ(浜松)
盆栽
盆栽(大宮)


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2019 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.