花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・シャーレーポピー
・オニゲシ
花 木
・シデコブシ
・大寒桜
樹 木
・太田宿のエノキ
・イスノキ
実・五穀
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・浜名湖ガーデンパーク
・披雲閣庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

イスノキ 飯田城桜丸   長野県飯田市
イスノキ
イスノキ イスノキ
イスノキ
 イスノキはマンサク科に属する暖帯系の常緑高木で、樹皮は灰白色、葉は厚く長楕円形です。伊豆以西・東海・山陽・四国・九州・琉球列島に分布し、長野県内での自生は知られていない。葉に生じる虫こぶが染料に用いられるほか、堅くて重い材は床・柱・机・櫛・そろばん玉などに、柞灰(いすばい)は陶磁器の釉薬に、と多用途に用いられ、庭園樹として近世の大名庭園や御所などに植えられている。
 この樹のある桜丸は、脇坂氏初代安元が二代安政を養子に迎えるため御殿を建てた曲輪で、多くの桜を植えたため名付けられたといわれている。堀氏時代には若殿や隠居の御殿として使われ、安政2年(1855)大地震で本丸御殿が大破した後はここで藩主が政務を執っている。桜丸御殿の図(明治4年頃)にはイスノキを望む位置に「御座之間」、「御茶屋」や「青霞楼」と呼ばれる建物が描かれており、桜丸が藩主や一門の、個人的で非公式な生活の場として利用されたことがうかがえる。
 自生地の北限を越えた寒冷地の長野県でこのような巨木が今日まで伝えられてきたのは、飯田城主ばかりでなく、地域の人々によって大切に守られてきたことを示している。城下町飯田の歴史と文化を象徴する樹木といえる。長野県天然記念物「飯田城桜丸のイスノキ」
樹木
イヌマキ イチイ 金閣寺・イチイガシ アカシデ エノキ
ウチワノキ 首かけイチョウ アラカシ アコウ アキニレ
イロハモミジ イスノキ 太田宿のエノキnew
キブシ ギンヨウアカシア 大カツラ カイズカイブキ カシワ
楷の木 月桂樹 コナラ ギンドロ キリ
キササゲ 権萃
シナノキ スジダイ シイ シラカンバ 星流
ジェラシック・ツリー シマトネリコ シメコロシノキ シナアブラギリ サイカチ
シマサルスベリ
チャノキ 糺の森 鉄輪樹 タラノキ 泰山木
嵯峨野・竹林 トチノキ タイワンフウ
ネコヤナギ ナンキンハゼ ネズコ ナナカマド
ホオノキ バオバオ ブナ バクチノキ プラタナス
ハンノキ ベニバスモモ ポプラ並木 ビャクシン 美人林
ボダイジュ ヒマラヤスギ パールアカシア 鉾杉 羽衣の松
ベニバナトチノキ ホルトノキ
メタセコイア モミジバフウ ムレスズメ 三百年の松
ユズリハ ヤナギバアカシア ヤマモミジ
ラクウショウ
  
紅葉
熱海梅園 春野(浜松) 修禅寺(伊豆) 稲武(豊田) 箱根美術館
天龍寺(京都) 西明寺(湖東) 松柏美術館(奈良) 金閣寺(京都)
けやき
けやき(表参道) けやき(静岡) けやき(秋田保存樹)
クスノキ
文京区・クスノキ 熱田神宮・大楠 青蓮院・クスノキ 小原・クスノキ 事任八幡宮・クスノキ
浜松城・クスノキ 松尾大社・クスノキ
ムクノキ
善光寺坂・ムクノキ 松尾大社・ムクノキ 清水谷家・椋
カエデ
イロハカエデ 板屋楓 ノルウェーカエデ トウカエデ ネグンドカエデ
オガタマノキ
岐阜・オガタマノキ 白峯神宮・オガタマノキ オガタマノキ
スギ
京都北山杉 事任八幡宮・大スギ スギ(弘前公園)
ユリノキ
ユリノキ(浜名湖) ユリノキ(上野) ユリノキ(浜松)
トウカエデ
トウカエデ@ トウカエデA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2019 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.