花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・プリンセチア
・藍の花
花 木
・ウナズキヒメフヨウ
・ヒマラヤヤマボウシ
樹 木
・楷の木
・シマサルスベリ
実・五穀
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・披雲閣庭園
・関口台公園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

楷の木 孔子木   東京都千代田区・他
楷の木
楷の木 楷の木
楷の木
 楷(かい)の木は、中国原産、ウルシ科、ピスタシア属。和名は「ナンバンハゼノキ」、「トネリバハゼノキ」。別名は孔子木(牧野富太郎博士命名)、学問の木。
 この木は、中国の曲阜(きょくふ)孔子廟の名木、楷の種子を播種育苗したものである。落葉高木、雌雄異株で材質は堅く、香りも高い葉は複葉で秋に美しく紅葉する。日本国憲法施行50周年記念樹として、国会議事堂前庭に2本植樹された。
カイノキ カイノキ
 楷は曲阜にある孔子の墓所に植えられている名木で、初め子貢が植えたと伝えられ、今日まで植えつがれてきている。枝や葉が整然としているので、書道でいう楷書の語源ともなったといわれている。
 わが国に渡来したのは、大正4年(1915)、林学博士、白澤保美氏が曲阜から種子を持ち帰り、東京目黒の農商務省林業試験場で苗に仕立てたのが最初である。これらの苗は湯島聖堂をはじめ儒学に関係深い所に頒ち植えられた。(文は湯島聖堂の矢野一郎氏より) 
楷樹
楷樹
 楷は中国曲阜の孔子墓所に植えられた名木で孔子木ともいわれる。枝葉の整然とした姿から楷書の語源ともなっている。
 わが国へは大正4年(1915)に曲阜から種子が渡来し、苦労して育てられた苗木は、湯島聖堂はじめ儒学と同時に関係ある場所へ分かち植えられた。
 藩校知新館の歴史と昌平坂学問所との深いゆかりを有する当町(岩村町)へも平成4年(1992)3月、山崎道夫先生のご尽力で湯島聖堂より苗木の寄贈があり、この地に移植されたものである。(岐阜県恵那市岩村町・岩村藩校知新館正門前にて)
樹木
イヌマキ イチイ 金閣寺・イチイガシ エノキ
ウチワノキ 首かけイチョウ アラカシ アコウ アキニレ
イロハモミジ アカシデ
キブシ ギンヨウアカシア 大カツラ カイズカイブキ カシワ
楷の木new 月桂樹 コナラ ギンドロ キリ
キササゲ 権萃
シナノキ スジダイ シイ シラカンバ 星流
ジェラシック・ツリー シマトネリコ シメコロシノキ シナアブラギリ サイカチ
シマサルスベリ
チャノキ 糺の森 鉄輪樹 タラノキ 泰山木
嵯峨野・竹林 トチノキ タイワンフウ
ネコヤナギ ナンキンハゼ ネズコ ナナカマド
ホオノキ バオバオ ブナ バクチノキ プラタナス
ハンノキ ベニバスモモ ポプラ並木 ビャクシン 美人林
ボダイジュ ヒマラヤスギ パールアカシア 鉾杉 羽衣の松
ベニバナトチノキ ホルトノキ
メタセコイア モミジバフウ ムレスズメ 三百年の松
ユズリハ ヤナギバアカシア ヤマモミジ
ラクウショウ
  
紅葉
熱海梅園 春野(浜松) 修禅寺(伊豆) 稲武(豊田) 箱根美術館
天龍寺(京都) 西明寺(湖東) 松柏美術館(奈良) 金閣寺(京都)
けやき
けやき(表参道) けやき(静岡) けやき(秋田保存樹)
クスノキ
文京区・クスノキ 熱田神宮・大楠 青蓮院・クスノキ 小原・クスノキ 事任八幡宮・クスノキ
浜松城・クスノキ 松尾大社・クスノキ
ムクノキ
善光寺坂・ムクノキ 松尾大社・ムクノキ 清水谷家・椋
カエデ
イロハカエデ 板屋楓 ノルウェーカエデ トウカエデ ネグンドカエデ
オガタマノキ
岐阜・オガタマノキ 白峯神宮・オガタマノキ オガタマノキ
スギ
京都北山杉 事任八幡宮・大スギ スギ(弘前公園)
ユリノキ
ユリノキ(浜名湖) ユリノキ(上野) ユリノキ(浜松)
トウカエデ
トウカエデ@ トウカエデA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.