花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・オキザリス・レグネリー
・トケイソウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・ホルトノキ
・月桂樹
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

ジェラシック・ツリー 世界最古の種子植物   静岡県浜松市
ジェラシック・ツリー
ジェラシック・ツリー ジェラシック・ツリー
 ジェラシック・ツリーはナンヨウスギスギ科の植物で1994年8月にオーストラリアのウォレマイ国立公園で発見された世界最古の種子植物の一つです。恐竜が繁栄したジュラ紀にあたる約1億5000万年前から生存していたと考えられ、野生には100本しか確認されていない世界的な希少種です。
 発見された場所が切り立った崖地で、人が近寄れなかったこと、山火事に合わなかったことなど様々な要因が重なり、植物界における20世紀最大の奇跡的発見につながったと考えられている。
ジェラシック・ツリー ジェラシック・ツリー
 3年後に再び訪れる。以前より大きく成長している。葉の色も緑が増し勢いがある。 
ジェラシック・ツリー ジェラシック・ツリー
ジェラシック・ツリー ジェラシック・ツリー
 7年後に再び訪れる。3年後に訪れた時より一段と生長している。木の回りの囲いの高さを超えている。
ジェラシック・ツリー ジェラシック・ツリー
ジェラシック・ツリー
雄花
 ジェラシック・ツリーは雌雄同株で、同じ株に雄花と雌花をもつ。
極冠
 ジェラシック・ツリーはマイナス5℃から45℃までの気温に耐えられる。秋から冬にかけて、芽の先端がろうのような樹脂を分泌し寒さに対する防御とする。
樹木
イヌマキ イチイ 金閣寺・イチイガシ エノキ
ウチワノキ 首かけイチョウ アラカシ アコウ アキニレ
イロハモミジ アカシデ
キブシ ギンヨウアカシア 大カツラ カイズカイブキ カシワ
楷の木 月桂樹 コナラ ギンドロ キリ
キササゲ
シナノキ スジダイ シイ シラカンバ 星流
ジェラシック・ツリー シマトネリコ シメコロシノキ シナアブラギリ サイカチ
チャノキ 糺の森 鉄輪樹 タラノキ 泰山木
嵯峨野・竹林 トチノキ タイワンフウ
ネコヤナギ ナンキンハゼ ネズコ ナナカマド
ホオノキ バオバオ ブナ バクチノキ プラタナス
ハンノキ ベニバスモモ ポプラ並木 ビャクシン 美人林
ボダイジュ ヒマラヤスギ パールアカシア 鉾杉 羽衣の松
ベニバナトチノキ ホルトノキnew
メタセコイア モミジバフウ ムレスズメ 三百年の松
ユズリハ ヤナギバアカシア ヤマモミジ
ラクウショウ
  
紅葉
熱海梅園 春野(浜松) 修禅寺(伊豆) 稲武(豊田) 箱根美術館
天龍寺(京都) 西明寺(湖東) 松柏美術館(奈良) 金閣寺(京都)
けやき
けやき(表参道) けやき(静岡) けやき(秋田保存樹)
クスノキ
文京区・クスノキ 熱田神宮・大楠 青蓮院・クスノキ 小原・クスノキ 事任八幡宮・クスノキ
浜松城・クスノキ 松尾大社・クスノキ
ムクノキ
善光寺坂・ムクノキ 松尾大社・ムクノキ 清水谷家・椋
カエデ
イロハカエデ 板屋楓 ノルウェーカエデ トウカエデ ネグンドカエデ
オガタマノキ
岐阜・オガタマノキ 白峯神宮・オガタマノキ オガタマノキ
スギ
京都北山杉 事任八幡宮・大スギ スギ(弘前公園)
ユリノキ
ユリノキ(浜名湖) ユリノキ(上野) ユリノキ(浜松)
トウカエデ
トウカエデ@ トウカエデA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.