花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行

草 花
・フキノトウ
・ヤチボウズ
花 木
・寒桜
・ロウバイ
樹 木
・高良大社の樟樹new
・太宰府天満宮の大樟
実・五穀
・ピンクバナナ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・佐倉城址公園
・鳥沼公園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

吾亦紅(ワレモコウ)
吾亦紅
吾亦紅 吾亦紅
吾亦紅
 吾亦紅(ワレモコウ)は、日本各地に自生する多年草。根の部分は乾燥させて煎じたものを、下痢止めや止血・火傷の薬として利用される。花を上から順番に咲かせ、枝先にある赤茶色の塊は、花の終わった姿になる。
ワレモコウ ワレモコウ
 「我吾紅」、「吾木香」、「我毛紅」、「割木瓜」とも書く。
 分布:日本、ユーラシア大陸。花期:8〜10月。バラ科。
薬草
アマチャ(甘茶) アマドコロ ウツボグサ オオケタデ オレガノ
イブキジャコウソウ オオダイコンソウ オナモミ アロエ エビスグサ
ウコン エキナセア
キンミズヒキ クララ カトリソウ コルチカム 黄膚
ゴシュユ クワ クコ ゲンノショウコ 吉祥草
セイヨウノコギリソウ スイートマジョラム サンショウ ゼニアオイ シャクヤク
シャクチリンバ シラン ジャノヒゲ ジュズダマ 白花曼珠沙華
紫蘇
ディル ドクダミ ツワブキ テンダイウヤク トチュウ
トウゴマ
ナタマメ ニラ ナツメ ネコノヒゲ
ハンゲショウ ヒキオコシ フタマタマオウ ホンカンゾウ 紅花
ミソハギ
ユキノシタ new
ランタナ
吾亦紅(ワレモコウ)



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.