花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行

草 花
・フキノトウ
・ヤチボウズ
花 木
・寒桜
・ロウバイ
樹 木
・高良大社の樟樹
・太宰府天満宮の大樟
実・五穀
・ピンクバナナ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・佐倉城址公園
・鳥沼公園
花博
・浜名湖花博2024new
・モザイカルチャー博
管理人
・管理人
ゼニアオイ
ゼニアオイ
ゼニアオイ ゼニアオイ
 ゼニアオイは、薬用部は葉・花、効用は咳止め、のどの痛み、粘滑剤(葉)。葉にタンニン、粘液質など、花に多量の粘液質、アントシアン系色素のマルビンなどを含んでいる。
 ゼニアオイは、ヨーロッパ原産で、江戸時代に中国を経て日本に持ち込まれた。薬草というより花が目立つので観賞用として栽培されている。 丸い形を銭の形に見立てて「銭アオイ」の名前が付けられているようだ。タチアオイ(立葵)と似ているが、ゼニアオイは小さな花がいっぱいつく。
薬草
アマチャ(甘茶) アマドコロ ウツボグサ オオケタデ オレガノ
イブキジャコウソウ オオダイコンソウ オナモミ アロエ エビスグサ
ウコン エキナセア
キンミズヒキ クララ カトリソウ コルチカム 黄膚
ゴシュユ クワ クコ ゲンノショウコ 吉祥草
セイヨウノコギリソウ スイートマジョラム サンショウ ゼニアオイ シャクヤク
シャクチリンバ シラン ジャノヒゲ ジュズダマ 白花曼珠沙華
紫蘇
ディル ドクダミ ツワブキ テンダイウヤク トチュウ
トウゴマ
ナタマメ ニラ ナツメ ネコノヒゲ
ハンゲショウ ヒキオコシ フタマタマオウ ホンカンゾウ 紅花
ミソハギ
ユキノシタ new
ランタナ
吾亦紅(ワレモコウ)



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.