花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・プリンセチア
・藍の花
花 木
・ウナズキヒメフヨウ
・ヒマラヤヤマボウシ
樹 木
・楷の木
・シマサルスベリ
実・五穀
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・披雲閣庭園
・関口台公園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

ウツボグサ
ウツボグサ
ウツボグサ ウツボグサ
 シソ科。生薬名は「夏枯草」(かごそう)という。薬用部は花穂で、枯れかけた花穂を採取し、天日乾燥させる。効用は、利尿・膀胱炎・口内消炎である。
 ウツボグサ(靫草)の名前の由来は、ウツボグサの花穂(かすい)の形が矢を納めて射手の腰や背につけて携行する細長い武具(筒)の空穂・靱(ウツボ)という道具に似ているところからついた。 
ウツボグサ ウツボグサ
 夏枯草は、真夏に花穂が急に褐色に変色し、枯れたようになるため、夏枯草(かごそう)の名前があるとのこと。
薬草
アマチャ(甘茶) アマドコロ ウツボグサ オオケタデ オレガノ
イブキジャコウソウ オオダイコンソウ オナモミ アロエ エビスグサ
ウコンnew エキナセア
キンミズヒキ クララ カトリソウ コルチカム 黄膚
ゴシュユ クワ クコ ゲンノショウコ 吉祥草
セイヨウノコギリソウ スイートマジョラム サンショウ ゼニアオイ シャクヤク
シャクチリンバ シラン ジャノヒゲ ジュズダマ 白花曼珠沙華
紫蘇
ディル ドクダミ ツワブキ テンダイウヤク トチュウ
トウゴマ
ナタマメ ニラ ナツメ ネコノヒゲ
ハンゲショウ ヒキオコシ フタマタマオウ ホンカンゾウ 紅花
ミソハギ
ユキノシタ
ランタナ
吾亦紅(ワレモコウ)


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.