花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・キキョウ
・カンナ
・リアトリス
・ハスの花
花 木
・ヒメノウゼンカズラ
・プルメリア
・三ヶ根山のアジサイ
樹 木
・大イチョウ
・クスノキ
・木曽五木
実・五穀
・バショウ
・バンペイユ
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・クララ
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・韓国庭園
・店先の空間
・箱庭
花博
・浜名湖花博 2004
・浜名湖花博 2014 @
・浜名湖花博 2014 A
・モザイカルチャー博
管理人
・管理人
コブシ(辛夷) 日本原産   東京都千代田区
コブシ
コブシ コブシ
コブシ コブシ
 コブシと聞くと千昌夫が歌った「北国の春」を思い出す。「こぶし咲くあのふるさとへ帰りたい」という歌である。北国ではコブシの花が春の到来なのでしょうか。桜より一足早い開花が春を告げるのでしょう。
 ハクモクレン(白木蓮)に似ているが、それよりは小さい花です。ハクモクレンとの違いは,コブシの花の下には小さな葉がついているのですぐ区別できる。ハクモクレンは中国原産だが、コブシ(モクレン科)は日本原産です。
 コプシという名は、つぼみの姿、あるいは果実の形が、幼児の挙(こぶし)に似ているところからといわれている。
 真っ白な花が樹形を覆うように咲いている姿を見ると時間を忘れて立ち止まる。樹形の姿を残すようにコブシの花が落ちている。日本人の感覚を呼び覚ますような気がしてくる。
 綾部仁喜  天へゆく 道あきらかに 辛夷咲く 
花木
大山蓮花 アブチロン ウナヅキヒメフヨウ アメリカフヨウ アメリカデイゴ
エクスバリーツツジ オオベニウツギ アカヤシオツツジ ウンナンオウバイ アセビ
アリアケカズラ 赤星石楠花 アメリカ岩南天 大紫 ウナズキヒメフヨウ
カルミア 御柳梅 キバナイペー ギョリュウ クチナシ
キクモモ 源平 カラタネオガタマ カシワバアジサイ クロバイ
キリシマツツジ カリアンドラ・セロイ ゴールデンロッド キンモクセイ カリステモン
カンツバキ
センダン サルスベリ ジャカランダ ジュランタ 赤色ミツマタ
サンザシ サンユウカ シャクナゲ 山茶花 スイフヨウ
スモークツリー シロヤマブキ 更紗空木 西洋水蝋 白花八重空木
しだれ桃 ジューンベリー
竹の花 ツバキ
ニワザクラ ネムノキ ナンジャモンジャ ノウゼンカズラ ノリウツギ
ニワナナカマド ニワウメ
ハクモクレン ブーゲンビレア フクシア ハイビスカス 花桃
ヒメシャラ ホタルノキ ブラシノキ ハナズオウ バンマツリ
ペトレア 菩提樹 ハナミズキ ボタン ヒペリカム
ブットレア ハマナス ベニバスモモ 紅花エゴノキ バイカウツギ
ハクウンボク ヒメウツギ ハコネウツギ ヒマラヤヤマボウシ プルンパゴ
ピンク チャイム プルメリア ヒメノウゼンカズラnew
ミッキーマウスの木 マンサク ムクゲ ミツマタ ミヤマツツジ
ミツマタ(京都) ムラサキセンダイハギ マキバブラシノキ ムラサキシキブ モクセンナ
モモの品種
ユーカリ ヤマブキ ヤマボウシ ユキヤナギ
ロウバイ レンゲツツジ ライラック レンギョウ リキュウバイ

アジサイ
浜名湖のアジサイ 山田池のアジサイ 西洋アジサイ ゼブラ ヤマアジサイ
三ヶ根山のアジサイ
偕楽園の梅 佐布里池の梅 しだれ梅 しだれ梅(龍尾神社) 蓬莱梅
幕山公園の梅林 向山梅林園 紅梅
コブシ
コブシ(東京) コブシ(神戸) シデコブシ(浜松) シデコブシ(多治見) シデコブシ(京都)
桜の品種 オオシマザクラ アタミザクラ オカメザクラ イズタガアカ
カンヒザクラ カワヅザクラ 啓翁桜 十月桜 シュゼンジザクラ
普賢象 花美瀧櫻 ベニシダレ ヨウコウ 関山
ギョイコウ 枝垂れ桜 染井吉野 アマノガワ 御会式桜
ニワザクラ 天城吉野 半八重枝垂れ紅彼岸桜 大寒桜 サトザクラ
藤@ 藤A シロフジ ウスベニフジ 紅藤
ジャコウフジ 野田長藤 新紅藤 昭和白藤 八重藤
熊野の長藤
ツツジ
日本のツツジ 小室山のツツジ オンツツジ フジツツジ ヨシノツツジ
琉球躑躅 ミツバツツジ


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2019 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.