花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・ヒメリュウキンカ
・フジバカマ(藤袴)
花 木
・白花八重空木
・ヒメウツギ
樹 木
・鉾杉
・善光寺坂のムクノキ
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・トウゴマ
・ネコノヒゲ
公園・庭園
・龍潭寺・庭園
・クレマチスの丘
管理人
・リンク集

フタマタマオウ
フタマタマオウ
フタマタマオウ フタマタマオウ
 フタマタマオウ(マオウ)は、ヨーロッパ、地中海からシベリア原産、マオウ科。茎から雌花が二股にわかれて付けることから命名された。利用部:茎、用途:痙攣(けいれん)防止、発汗、鎮咳、去たん。
 まおう(麻黄)は、生薬の麻黄として古くから用いられてきており、葛根湯、五積散、麻黄湯、小青竜湯、などの多くの漢方処方に配合されている。よく知られているのが、喘息薬、風邪薬に咳止め薬として配合されるエフェドリンの製造原料である。
薬草
アマチャ(甘茶) アマドコロ ウツボグサ オオケタデ オレガノ
イブキジャコウソウ オオダイコンソウ オナモミ アロエ エビスグサ
ウコン エキナセア
キンミズヒキ クララ カトリソウ コルチカム 黄膚
ゴシュユ クワ クコ ゲンノショウコ 吉祥草
セイヨウノコギリソウ スイートマジョラム サンショウ ゼニアオイ シャクヤク
シャクチリンバ シラン ジャノヒゲ ジュズダマ 白花曼珠沙華
紫蘇
ディル ドクダミ ツワブキ テンダイウヤク トチュウ
トウゴマnew
ナタマメ ニラ ナツメ ネコノヒゲ
ハンゲショウ ヒキオコシ フタマタマオウ ホンカンゾウ 紅花
ミソハギ
ユキノシタ
ランタナ
吾亦紅(ワレモコウ)


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.