花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・花筏(ハナイカダ)
・ヒメリュウキンカ
花 木
・ジューンベリー
・染井吉野
樹 木
・鉾杉
・善光寺坂のムクノキ
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・トウゴマ
・ネコノヒゲ
公園・庭園
・龍潭寺・庭園
・クレマチスの丘
管理人
・リンク集

ヒキオコシ
ヒキオコシ
ヒキオコシ ヒキオコシ
 シソ科。薬用部は葉・茎、効用は健胃・腹痛・胆石痛・食中毒。名前の由来は、弘法大師が山道を歩いているとき、行者が倒れていた。弘法大師は近くに生えていた草の汁をその行者の口に含ませたところ行者は元気をとりもどした。このことから、病人を「ひき起こす」という意味で、「ヒキオコシ」と呼ばれるようになった。別名は延命草(えんめいそう)と呼ばれる。
 ヒキオコシの成分は、消化不良、食欲不振、腹痛などの家庭薬にも多く配合されている。また、抗がん作用のある成分も含まれていることも判明している。
薬草
アマチャ(甘茶) アマドコロ ウツボグサ オオケタデ オレガノ
イブキジャコウソウ オオダイコンソウ オナモミ アロエ エビスグサ
ウコン エキナセア
キンミズヒキ クララ カトリソウ コルチカム 黄膚
ゴシュユ クワ クコ ゲンノショウコ 吉祥草
セイヨウノコギリソウ スイートマジョラム サンショウ ゼニアオイ シャクヤク
シャクチリンバ シラン ジャノヒゲ ジュズダマ 白花曼珠沙華
紫蘇
ディル ドクダミ ツワブキ テンダイウヤク トチュウ
トウゴマnew
ナタマメ ニラ ナツメ ネコノヒゲ
ハンゲショウ ヒキオコシ フタマタマオウ ホンカンゾウ 紅花
ミソハギ
ユキノシタ
ランタナ
吾亦紅(ワレモコウ)


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.