花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・トケイソウ
・ノゲイトウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・月桂樹
・文京区・クスノキ
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

ヒイラギナンテン トウナンテン   静岡県浜松市
ヒイラギナンテン
ヒイラギナンテン ヒイラギナンテン
 中国からヒマラヤ地方の原産で、江戸時代に薬用植物または観賞植物として渡来した。葉がヒイラギに似ているナンテンの意味で名付けられた。常緑低木だが、冬には寒さで葉が赤味を帯びる。分布は本州、四国、九州。用途は庭園樹、公園樹。葉のトゲが硬くて痛いので、立入り防止のためには向いている。別名はトウナンテン。漢字表記は「柊南天」。メギ科。
ヒイラギナンテン チャリティ
ヒイラギナンテン チャリティ ヒイラギナンテン チャリティ
ヒイラギナンテン チャリティ> 
 ヒイラギナンテンとマリーフォリアを交雑してできた園芸品種で常緑低木。花は1〜2月に咲き、黄色で美しい。
地図
アケビ 温州ミカン アーモンド アキグミ オリーブ
おばけカボチャ
コーヒーノキ カリン クワ
クロガキ キウイ キングココヤシ
ザクロ シシユズ スモモ ズミ セイヨウナシ
桜島小みかん
トウガラシ トベラ ダイダイ ドラゴンフルーツ チキュウカン
ナツメ 夏みかん ナシ ニシキギ ナンテン
ヒイラギナンテン ヒョウタン パイナップル ブルーベリー バナナ
ピラカンス パパイヤ ハマナス ヒメリンゴ ハスの実new
マユミ メロン マルバシャリンバイ
ユスラウメ ヤマモモ
レモン リンゴ

五穀
赤米 奥羽349号 粟(アワ)
黒米 黍(キビ)
ハトムギ 稗(ヒエ)


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.