花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・スカシユリ
・ボトルの中に咲くバラ
花 木
・ヤマアジサイ
・ジューンベリー
樹 木
・鉾杉
・善光寺坂のムクノキ
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・トウゴマ
・ネコノヒゲ
公園・庭園
・ネパール庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

トチノキ 栃の木   静岡県浜松市
トチノキ
トチノキ 栃の花
栃の花 栃の実
 漢字表記は「栃の木」。山の谷部に自生する落葉高木で、葉は手のひら状に広がる。見上げるような大木になっている。トチの実は、8・9月頃殻が割れて中の種子(栃の実)が落ちる。これを保存しておき、節分、節句、正月等にとち餅を作る。トチの実は、赤褐色でつやがあり栗に似て、でんぷんとタンパク質が豊富に含まれている。日本では古代から主要な食糧として利用されてきたが、あくが強く10日ほどかけてあくを抜いて食用にした。
 また、高さ30m、直径4mを越える大物あり、老木になると割れ目が出来る。葉は大きく長さは20〜40cmにもなる、初夏に白い花を付ける。
 斎籐隆介著の児童文学『モチモチの木』に登場する木はこの木である。
 パリの街路樹として有名なマロニエは、トチノキの仲間で紅色の花を咲かせセイヨウトチノキともいう。実の外皮の表面にとげがあるので区別できる。
 石田波郷  栃咲くやま ぬかれ難き 女の身

大きな地図で見る
ベニバナトチノキ
ベニバナトチノキ
ベニバナトチノキ ベニバナトチノキ
ベニバナトチノキ ベニバナトチノキ
ベニバナトチノキ
 ベニバナトチノキは、マロニエと米国産のアカバナトチノキを交配したもので街路樹として使用される。安城デンパーク(愛知県安城市)にて撮る。 

大きな地図で見る
アケビ 温州ミカン アーモンド アキグミ オリーブ
おばけカボチャ
コーヒーノキ カリン クワ
クロガキ キウイ キングココヤシ
ザクロ シシユズ スモモ ズミ セイヨウナシ
桜島小みかん
トウガラシ トベラ ダイダイ ドラゴンフルーツ チキュウカン
ナツメ 夏みかん ナシ ニシキギ ナンテン
ヒイラギナンテン ヒョウタン パイナップル ブルーベリー バナナ
ピラカンス パパイヤ ハマナス ヒメリンゴ
マユミ メロン new マルバシャリンバイ
ユスラウメ ヤマモモ
レモン リンゴ

五穀
赤米 奥羽349号 粟(アワ)
黒米 黍(キビ
ハトムギ 稗(ヒエ)


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.