花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・オキザリス・レグネリー
・トケイソウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・ホルトノキ
・月桂樹
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・江戸川公園
・中国庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

善光寺坂のムクノキ 文京区指定天然記念物   東京都文京区
アカシデ
アカシデ アカシデ
アカシデ
 樹高約13m(主幹約5m)、目通り幹周約5mを測る推定樹齢約400年の古木である。第二次世界大戦中、昭和20年(1945)5月の空襲により樹木上部が焼けてしまったが、それ以前の大正時代の調査によると樹高は約23mもあった。
 ムクノキは、ニレ科ムクノキ属の落葉高木である。東アジアに広く分布し、日当たりのよい場所を好む。成長が早く、大木になるものがある。
 この場所は江戸時代、伝通院 の境内であった。その後、本樹は伝通院の鎮守であった澤蔵司稲荷 (たくぞうすいなり)の神木 として現在に至っている。
 樹幹上部が戦災により欠損し、下部も幹に炭化した部分が見受けられるが、幹の南側約半分の良好な組織から展開した枝葉によって樹冠が構成されている。枝の伸び、葉の大きさ、葉色ともに良好であり、空襲の被害を受けた樹木とは思えないほどの生育を示している。
 本樹は、戦災をくぐりぬけ、地域住民と長い間生活を共にし、親しまれてきたものであり、貴重な樹木である。文京区指定天然記念物。
樹木
イヌマキ イチイ 金閣寺・イチイガシ エノキ
ウチワノキ 首かけイチョウ アラカシ アコウ アキニレ
イロハモミジ アカシデ
キブシ ギンヨウアカシア 大カツラ カイズカイブキ カシワ
楷の木 月桂樹 コナラ ギンドロ キリ
キササゲ
シナノキ スジダイ シイ シラカンバ 星流
ジェラシック・ツリー シマトネリコ シメコロシノキ シナアブラギリ サイカチ
チャノキ 糺の森 鉄輪樹 タラノキ 泰山木
嵯峨野・竹林 トチノキ タイワンフウ
ネコヤナギ ナンキンハゼ ネズコ ナナカマド
ホオノキ バオバオ ブナ バクチノキ プラタナス
ハンノキ ベニバスモモ ポプラ並木 ビャクシン 美人林
ボダイジュ ヒマラヤスギ パールアカシア 鉾杉 羽衣の松
ベニバナトチノキ ホルトノキnew
メタセコイア モミジバフウ ムレスズメ 三百年の松
ユズリハ ヤナギバアカシア ヤマモミジ
ラクウショウ
  
紅葉
熱海梅園 春野(浜松) 修禅寺(伊豆) 稲武(豊田) 箱根美術館
天龍寺(京都) 西明寺(湖東) 松柏美術館(奈良) 金閣寺(京都)
けやき
けやき(表参道) けやき(静岡) けやき(秋田保存樹)
クスノキ
文京区・クスノキ 熱田神宮・大楠 青蓮院・クスノキ 小原・クスノキ 事任八幡宮・クスノキ
浜松城・クスノキ 松尾大社・クスノキ
ムクノキ
善光寺坂・ムクノキ 松尾大社・ムクノキ 清水谷家・椋
カエデ
イロハカエデ 板屋楓 ノルウェーカエデ トウカエデ ネグンドカエデ
オガタマノキ
岐阜・オガタマノキ 白峯神宮・オガタマノキ オガタマノキ
スギ
京都北山杉 事任八幡宮・大スギ スギ(弘前公園)
ユリノキ
ユリノキ(浜名湖) ユリノキ(上野) ユリノキ(浜松)
トウカエデ
トウカエデ@ トウカエデA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.