花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・オキザリス・レグネリー
・トケイソウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・ホルトノキ
・月桂樹
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

事任八幡宮のクスノキ 事任八幡宮   静岡県掛川市
事任八幡宮のクスノキ
事任八幡宮のクスノキ 事任八幡宮のクスノキ
事任八幡宮のクスノキ
 クスノキ(クスノキ科)は、本州の関東地方以西から九州、沖縄、そして、台湾、中国南部、インドシナと広くに分布する常緑高木です。成長がさかんで、長命で、高さ30m程の大木になるので、古くから神社や寺院に植えられ、巨樹、名木になっている。
 春に新芽が伸び出すと、間もなく古い葉は落ち、若葉は淡紅色、橙黄色などから淡緑色の美しい色に変わる。花と果実がつくが、あまり目立たない。
 クスノキは、木全体に芳香があって、耐久性が高いことから、内装材、社寺建築、建具、家具、楽器などの用材に使われ、古代には丸木舟にも使われていた。また、クスノキの葉や幹、根などを蒸溜して、固形に仕上げた樟脳(しょうのう)は、防虫剤として使われている。
 事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)のクスノキは、高さ31m、目通り6m、根回り19.3mの大きさで、県内でも大木に含められる。樹勢は良好で、枝は北側をのぞいた三方に大きく広がり、見上げる人を温かく包み込むような、雄大で、とても優しい姿を見ることができる。掛川市指定文化財。
樹木
イヌマキ イチイ 金閣寺・イチイガシ エノキ
ウチワノキ 首かけイチョウ アラカシ アコウ アキニレ
イロハモミジ アカシデ
キブシ ギンヨウアカシア 大カツラ カイズカイブキ カシワ
楷の木 月桂樹 コナラ ギンドロ キリ
キササゲ
シナノキ スジダイ シイ シラカンバ 星流
ジェラシック・ツリー シマトネリコ シメコロシノキ シナアブラギリ サイカチ
チャノキ 糺の森 鉄輪樹 タラノキ 泰山木
嵯峨野・竹林 トチノキ タイワンフウ
ネコヤナギ ナンキンハゼ ネズコ ナナカマド
ホオノキ バオバオ ブナ バクチノキ プラタナス
ハンノキ ベニバスモモ ポプラ並木 ビャクシン 美人林
ボダイジュ ヒマラヤスギ パールアカシア 鉾杉 羽衣の松
ベニバナトチノキ ホルトノキnew
メタセコイア モミジバフウ ムレスズメ 三百年の松
ユズリハ ヤナギバアカシア ヤマモミジ
ラクウショウ
  
紅葉
熱海梅園 春野(浜松) 修禅寺(伊豆) 稲武(豊田) 箱根美術館
天龍寺(京都) 西明寺(湖東) 松柏美術館(奈良) 金閣寺(京都)
けやき
けやき(表参道) けやき(静岡) けやき(秋田保存樹)
クスノキ
文京区・クスノキ 熱田神宮・大楠 青蓮院・クスノキ 小原・クスノキ 事任八幡宮・クスノキ
浜松城・クスノキ 松尾大社・クスノキ
ムクノキ
善光寺坂・ムクノキ 松尾大社・ムクノキ 清水谷家・椋
カエデ
イロハカエデ 板屋楓 ノルウェーカエデ トウカエデ ネグンドカエデ
オガタマノキ
岐阜・オガタマノキ 白峯神宮・オガタマノキ オガタマノキ
スギ
京都北山杉 事任八幡宮・大スギ スギ(弘前公園)
ユリノキ
ユリノキ(浜名湖) ユリノキ(上野) ユリノキ(浜松)
トウカエデ
トウカエデ@ トウカエデA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.