花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・トケイソウ
・ノゲイトウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・月桂樹
・文京区・クスノキ
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

熊野の長藤(ゆやの長フジ) 行興寺   静岡県磐田市
熊野の長藤
熊野の長藤 熊野の長藤
熊野の長藤 熊野の長藤
熊野の長藤
熊野(ゆや)の長フジ> 
 国指定天然記念物 1本  県指定天然記念物 5本
 国指定樹は、境内西北隅に位置し、幹は根本より分かれて二支幹となっている。根本で約1.8mもある。
 本堂前の境内地にある5本のフジは県指定樹であるが、国指定に劣らないフジの巨木である。ともに、樹齢は定かでないが老木であることは間違いない。
 花房が1m以上にも伸びて、紫色の美しい花をつける。一般的には「熊野の長フジ」と呼ばれている。そのいわれは、平安時代の終わり頃、熊野御前(ゆやごぜん)が植えたとの伝承がある。熊野御前については謡曲熊野や平家物語にも登場する。親孝行で有名な美女である。
 長フジ 国指定天然記念物(1本) 県指定天然記念物(5本)
 樹齢 約850年(推定) 約300年(推定)
 樹勢 根廻2.9m、樹高2.5m 根廻2.4m、樹高2.5m
 特徴 花房の長さ1.5m(最長)、花の咲き終わった後に葉が繁る。 花房の長さ1.5m(最長)平均90p、花色紫。
熊野の長藤 熊野の長藤
熊野の長藤 熊野の長藤
熊野の長藤
謡曲「熊野」と行興寺
 遠江国池田の宿の長 熊野は平宗盛(清盛の次男)の寵愛を受け、京都清水の桜見物に出かける。熊野は病母から届いた手紙で見舞いに赴きたいと思い、宗盛に暇を乞うが聞き入れられず、やむなく宗盛に同行した。花の下の酒宴が始まり舞を舞った熊野は、俄(にわか)の村雨に散る花に寄せて故郷の病母を気遣い
 いかにせん 都の春も惜しけれど 馴れし東の花や散るらん
と和歌を詠んだのを見て宗盛も哀れに思い、暇を与えた。熊野はこれも清水のご利生と喜んで故郷へ帰って行った。
 熊野は藤の花をこよなく愛し、行興寺本堂側に熊野が植えたと伝えられる老木があり「熊野の長フジ」と称せられている。
 行興寺は、今より800年の昔、延久元年の創建にて、謡曲で有名な、熊野御前の旧跡である。当寺には熊野御前の守本尊厄除十一面観世音(恵心僧都作)熊野御前とその母、侍女朝顔の暮墳がそのまま昔を物語っている。
 「熊野の長フジ」の見頃は、年により相違があるが、平年4月下旬から5月上旬である。熊野記念公園を中心に「熊野の長藤まつり」が開催され、様々なイベントが開催される。  
地図
花木
大山蓮花 アブチロン ウナヅキヒメフヨウ アメリカフヨウ アメリカデイゴ
エクスバリーツツジ オオベニウツギ アカヤシオツツジ ウスベニフジ アセビ
アリアケカズラ 赤星石楠花 アメリカ岩南天 アマノガワ ウンナンオウバイ
大紫 アジサイ@ アジサイA
カルミア コブシ(東京) キバナイペー ギョリュウ クチナシ
キクモモ 源平 カラタネオガタマ コブシ(神戸) クロバイ
キリシマツツジ カリアンドラ・セロイnew ゴールデンロッド キンモクセイ カシワバアジサイ
センダン サルスベリ ジャカランダ ジュランタ 赤色ミツマタ
サンザシ サンユウカ シャクナゲ 山茶花 スイフヨウ
スモークツリー シロヤマブキ 更紗空木 西洋水蝋 白花八重空木
しだれ桃 ジューンベリー
竹の花 ツツジ
ニワザクラ ネムノキ ナンジャモンジャ ノウゼンカズラ ノリウツギ
ニワナナカマド
ハクモクレン ブーゲンビレア フクシア ハイビスカス 花桃
ヒメシャラ ホタルノキ ブラシノキ バンマツリ
ペトレア 菩提樹 ハナミズキ ボタン ヒペリカム
ブットレア ハマナス ベニバスモモ 紅花エゴノキ バイカウツギ
ハクウンボク ヒメウツギ ハナズオウ
ミッキーマウスの木 マンサク ムクゲ ミツマタ ミヤマツツジ
ミツマタ(京都) ムラサキセンダイハギ ミツバツツジ ムラサキシキブ モクセンナ
熊野の長藤 ヤマブキ ヤマボウシ ユーカリ ヤマアジサイ
ロウバイ レンゲツツジ ライラック レンギョウ 琉球躑躅
リキュウバイ
偕楽園の梅 佐布里池の梅 しだれ梅 しだれ梅(龍尾神社) 蓬莱梅
幕山公園の梅林 向山梅林園
桜の品種 オオシマザクラ アタミザクラ オカメザクラ イズタガアカ
カンヒザクラ カワヅザクラ 啓翁桜 十月桜 シュゼンジザクラ
普賢象 花美瀧櫻 ベニシダレ 陽光桜 関山
ギョイコウ 枝垂れ桜 染井吉野


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.