花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・プリンセチア
・藍の花
花 木
・ウナズキヒメフヨウ
・ヒマラヤヤマボウシ
樹 木
・楷の木
・シマサルスベリ
実・五穀
・シダレクワ
・ハスの実
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・披雲閣庭園
・関口台公園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

ツツジ@ 躑躅   静岡県浜松市
ツツジ
ツツジ ツツジ
ツツジ(躑躅)とは
 ツツジ科ツツジ属の中で、ヤマツツジ亜属ヤマツツジ節、オンツツジ節、レンゲツツジ節から発展した園芸品種群を一般的にツツジと呼んでいる。
日本のツツジ
 日本には多くのツツジが自生しているため、古くから身近な植物として人々に親しまれてきた。鎌倉時代には既に庭園に植栽され、鑑賞されていたようですが、園芸化が進んだのは江戸時代です。特に江戸では、参勤交代の制度によって、諸大名が国表から江戸に持ち込んだ地方の品種が集積し、ツツジ栽培が大流行した。
 一方、九州の久留米では久留米藩御馬廻役、坂本元蔵によって後に久留米ツツジと呼ばれるになる新しい品種群が作出され、江戸と並んでツツジの発展をリードするツツジの流行地になった。そして、今日では久留米は日本のツツジ生産の中心地となっている。
海外でも愛される日本のツツジ
 ツツジは主にアジアの温帯を中心に分布しており、欧米諸国では日本などからもたらされたものをもとに、多くの優れた品種が作出された。特に、イギリス、ベルギー、アメリカにおいて改良が進んでいる。  
花木
大山蓮花 アブチロン ウナヅキヒメフヨウ アメリカフヨウ アメリカデイゴ
エクスバリーツツジ オオベニウツギ アカヤシオツツジ ウンナンオウバイ アセビ
アリアケカズラ 赤星石楠花 アメリカ岩南天 大紫 ウナズキヒメフヨウnew
カルミア 御柳梅 キバナイペー ギョリュウ クチナシ
キクモモ 源平 カラタネオガタマ カシワバアジサイ クロバイ
キリシマツツジ カリアンドラ・セロイ ゴールデンロッド キンモクセイ カリステモン
センダン サルスベリ ジャカランダ ジュランタ 赤色ミツマタ
サンザシ サンユウカ シャクナゲ 山茶花 スイフヨウ
スモークツリー シロヤマブキ 更紗空木 西洋水蝋 白花八重空木
しだれ桃 ジューンベリー シデコブシ
竹の花 ツバキ
ニワザクラ ネムノキ ナンジャモンジャ ノウゼンカズラ ノリウツギ
ニワナナカマド
ハクモクレン ブーゲンビレア フクシア ハイビスカス 花桃
ヒメシャラ ホタルノキ ブラシノキ ハナズオウ バンマツリ
ペトレア 菩提樹 ハナミズキ ボタン ヒペリカム
ブットレア ハマナス ベニバスモモ 紅花エゴノキ バイカウツギ
ハクウンボク ヒメウツギ ハコネウツギ ヒマラヤヤマボウシ
ミッキーマウスの木 マンサク ムクゲ ミツマタ ミヤマツツジ
ミツマタ(京都) ムラサキセンダイハギ ミツバツツジ ムラサキシキブ モクセンナ
マキバブラシノキ
ユーカリ ヤマブキ ヤマボウシ
ロウバイ レンゲツツジ ライラック レンギョウ 琉球躑躅
リキュウバイ

桜の品種 オオシマザクラ アタミザクラ オカメザクラ イズタガアカ
カンヒザクラ カワヅザクラ 啓翁桜 十月桜 シュゼンジザクラ
普賢象 花美瀧櫻 ベニシダレ 陽光桜 関山
ギョイコウ 枝垂れ桜 染井吉野 アマノガワ
偕楽園の梅 佐布里池の梅 しだれ梅 しだれ梅(龍尾神社) 蓬莱梅
幕山公園の梅林 向山梅林園
藤@ 藤A シロフジ ウスベニフジ 紅藤
ジャコウフジ 野田長藤 新紅藤 昭和白藤 八重藤
熊野の長藤
コブシ
コブシ(東京) コブシ(神戸) シデコブシ
アジサイ
アジサイ@ アジサイA 西洋アジサイ ゼブラ ヤマアジサイ
ツツジ
ツツジ@ ツツジA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.