花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・アサガオ
・ワレモコウ
花 木
・ヤマアジサイ
・ジューンベリー
樹 木
・文京区・クスノキ
・鉾杉
実・五穀
・ナツメ
・チキュウカン
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

クチナシ 山梔子   静岡県浜松市
クチナシ
クチナシ クチナシ
クチナシ
 静岡以西に分布する常緑低木で、強い芳香のある白い花を咲かせる。秋になると黄色い実をつけ、着色料や染料として利用される。
 小学校の運動場南フェンス辺りで見かける。純白の花と香りが印象深い。6月〜7月にかけて芳香のある6弁花が咲く。八重咲きのクチナシもある。花は白色からやがて淡黄色に変わっていく。やはり純白の白色が似つかわしい。クチナシは「口無し」という説もあるが、これは実が熟しても裂開しないところから言われるようだ。
 クチナシの花といえば、渡哲也のあの歌ですね。

 「 くちなしの花 」   
                 作詞 水木かおる  作曲 遠藤実   唄 渡哲也
 いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ
 くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる 
 くちなしの白い花 おまえのような 花だった
 わがままいっては 困らせた 子どもみたいな あの日のおまえ
 くちなしの雨が 雨の別れが いまでも心を しめつける 
 くちなしの白い花 おまえのような 花だった
 小さな幸せ それさえも 捨ててしまった 自分の手から 
 くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が また浮かぶ 
 くちなしの白い花 おまえのような 花だった 

 正岡子規  薄月夜 花くちなしの 匂ひけり
地図
花木
大山蓮花 アブチロン ウナヅキヒメフヨウ アメリカフヨウ アメリカデイゴ
エクスバリーツツジ オオベニウツギ アカヤシオツツジ ウスベニフジ アセビ
アリアケカズラ 赤星石楠花 アメリカ岩南天 アマノガワ ウンナンオウバイ
大紫 アジサイ@ アジサイA
カルミア コブシ(東京) キバナイペー ギョリュウ クチナシ
キクモモ 源平 カラタネオガタマ コブシ(神戸) クロバイ
キリシマツツジ カリアンドラ・セロイ ゴールデンロッド キンモクセイ カシワバアジサイ
センダン サルスベリ ジャカランダ ジュランタ 赤色ミツマタ
サンザシ サンユウカ シャクナゲ 山茶花 スイフヨウ
スモークツリー シロヤマブキ 更紗空木 西洋水蝋 白花八重空木
しだれ桃 ジューンベリー
竹の花 ツツジ
ニワザクラ ネムノキ ナンジャモンジャ ノウゼンカズラ ノリウツギ
ニワナナカマド
ハクモクレン ブーゲンビレア フクシア ハイビスカス 花桃
ヒメシャラ ホタルノキ ブラシノキ バンマツリ
ペトレア 菩提樹 ハナミズキ ボタン ヒペリカム
ブットレア ハマナス ベニバスモモ 紅花エゴノキ バイカウツギ
ハクウンボク ヒメウツギ ハナズオウ
ミッキーマウスの木 マンサク ムクゲ ミツマタ ミヤマツツジ
ミツマタ(京都) ムラサキセンダイハギ ミツバツツジ ムラサキシキブ モクセンナ
熊野の長藤 ヤマブキ ヤマボウシ ユーカリ ヤマアジサイnew
ロウバイ レンゲツツジ ライラック レンギョウ 琉球躑躅
リキュウバイ
偕楽園の梅 佐布里池の梅 しだれ梅 しだれ梅(龍尾神社) 蓬莱梅
幕山公園の梅林 向山梅林園
桜の品種 オオシマザクラ アタミザクラ オカメザクラ イズタガアカ
カンヒザクラ カワヅザクラ 啓翁桜 十月桜 シュゼンジザクラ
普賢象 花美瀧櫻 ベニシダレ 陽光桜 関山
ギョイコウ 枝垂れ桜 染井吉野


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.