花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・オキザリス・レグネリー
・トケイソウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・ホルトノキ
・月桂樹
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
花博
・モザイカルチャー博
・浜名湖花博2014
管理人
・管理人

偕楽園の梅 日本三名園   茨城県水戸市
偕楽園の梅
偕楽園の梅 偕楽園の梅
 水戸・偕楽園は梅で有名である。訪れた時は、少し時期がずれていたが、梅らしい香りや雰囲気を漂わせていた。園内には、100種3000本の梅が植えられている。兼六園(金沢)、後楽園(岡山)と偕楽園が日本三名園である。水戸第9代藩主徳川斉昭(1800〜1860)が自ら造園計画の構想をねり創設したもので、特に好文亭については斉昭自らその位置や建築意匠を定めたと言われている。天保12年(1841)から造園工事を行い、よく13年には本園、桜山および丸山が開園された。
 偕楽園の名称は、中国の古典である「孟子」の「古(いにしえ)の人は民と偕(とも)に楽しむ、故に能(よ)く楽しむなり」という一節から取ったものです。偕楽園は、弘道館で文武修行する藩士の休養の場ともなった。
 本園には、梅を中心に、孟宗竹、霧島つつじ、宮城野萩などが、飛び地になっている桜山と丸山には桜が植えられ、周辺の湖水と田園風景を取り入れ自然との調和を図り、四季の風情や明暗に富んだ趣のある造りで名園として名高い。  
 松尾芭蕉  紅梅や 見ぬ恋いつくる 玉すだれ
 正岡子規  温泉(ゆ)の町に 紅梅早き 宿屋かな 
花木
大山蓮花 アブチロン ウナヅキヒメフヨウ アメリカフヨウ アメリカデイゴ
エクスバリーツツジ オオベニウツギ アカヤシオツツジ ウスベニフジ アセビ
アリアケカズラ 赤星石楠花 アメリカ岩南天 大紫 ウンナンオウバイ
カルミア 御柳梅 キバナイペー ギョリュウ クチナシ
キクモモ 源平 カラタネオガタマ カシワバアジサイ クロバイ
キリシマツツジ カリアンドラ・セロイ ゴールデンロッド キンモクセイ
センダン サルスベリ ジャカランダ ジュランタ 赤色ミツマタ
サンザシ サンユウカ シャクナゲ 山茶花 スイフヨウ
スモークツリー シロヤマブキ 更紗空木 西洋水蝋 白花八重空木
しだれ桃 ジューンベリー
竹の花
ニワザクラ ネムノキ ナンジャモンジャ ノウゼンカズラ ノリウツギ
ニワナナカマド
ハクモクレン ブーゲンビレア フクシア ハイビスカス 花桃
ヒメシャラ ホタルノキ ブラシノキ ハナズオウ バンマツリ
ペトレア 菩提樹 ハナミズキ ボタン ヒペリカム
ブットレア ハマナス ベニバスモモ 紅花エゴノキ バイカウツギ
ハクウンボク ヒメウツギ
ミッキーマウスの木 マンサクnew ムクゲ ミツマタ ミヤマツツジ
ミツマタ(京都) ムラサキセンダイハギ ミツバツツジ ムラサキシキブ モクセンナ
熊野の長藤 ヤマブキ ヤマボウシ ユーカリ ヤマアジサイ
ロウバイ レンゲツツジ ライラック レンギョウ 琉球躑躅
リキュウバイ

桜の品種 オオシマザクラ アタミザクラ オカメザクラ イズタガアカ
カンヒザクラ カワヅザクラ 啓翁桜 十月桜 シュゼンジザクラ
普賢象 花美瀧櫻 ベニシダレ 陽光桜 関山
ギョイコウ 枝垂れ桜 染井吉野 アマノガワ
偕楽園の梅 佐布里池の梅 しだれ梅 しだれ梅(龍尾神社) 蓬莱梅
幕山公園の梅林 向山梅林園
藤@ 藤A シロフジ ウスベニフジ 紅藤
ジャコウフジ 野田長藤 新紅藤 昭和白藤 八重藤
コブシ
コブシ(東京) コブシ(神戸) シデコブシ
アジサイ
アジサイ@ アジサイA
ツツジ
ツツジ@ ツツジA


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.