花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・トケイソウ
・ノゲイトウ
花 木
・カリアンドラ・セロイ
・ヤマアジサイ
樹 木
・月桂樹
・文京区・クスノキ
実・五穀
・ハスの実
・ナツメ
薬 草
・ウコン
・トウゴマ
公園・庭園
・中国庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

フクシア 別名「ホクシャ」   三重県桑名市
フクシア
フクシア フクシア
フクシア フクシア
 フクシアのかわいらしくおしゃれな花の形は「女王様の耳飾り」と呼ばれ、主にヨーロッパ、アメリカで、多くの人に親しまれてきた。アカバナ科の熱帯花木です。少々夏の暑さが嫌いなので、できるだけ涼しい木陰などで管理するとよい。春の気候が一番好きです。薄い液肥を回数多く与えると、次々と花を咲かせる。
 花の色の組み合わせがいろいろあって、一つ一つ見ていくと、とても楽しくなる。現在作られている種類はなんと2000種類もあるそうです。 
フクシア フクシア
フクシア フクシア
 生まれ故郷はメキシコ、中央アメリカ、アンデス山脈で、他にニュージーランド、タヒチ島からも生まれた。別名「釣浮草(ツリウキソウ)」と呼ばれている。フクシアはホクシャとも言う。(ここまでは、三重県桑名市・なばなの里にて撮る。) 
フクシア
フクシア フクシア
 フクシア(fuchsia)は、花の色や形が豊富な魅力あふれる花木です。当園(静岡県・掛川花鳥園)では、アメリカ・イギリス・ドイツ・オランダから輸入した世界最新の品種のほか、当園が育種した品種をあわせて700品種ほどを栽培し良い品種を選んで分譲も行っている。
 fuchsia の発音は、ドイツ・オランダなどヨーロッパ大陸では「フクシア」、アメリカ・イギリス・オーストラリアなど英国圏では「ヒューシア」です。日本では語源である「フックス」(人名)を尊重し「フクシア」と呼ぶ。  
地図
花木
大山蓮花 アブチロン ウナヅキヒメフヨウ アメリカフヨウ アメリカデイゴ
エクスバリーツツジ オオベニウツギ アカヤシオツツジ ウスベニフジ アセビ
アリアケカズラ 赤星石楠花 アメリカ岩南天 アマノガワ ウンナンオウバイ
大紫 アジサイ@ アジサイA
カルミア コブシ(東京) キバナイペー ギョリュウ クチナシ
キクモモ 源平 カラタネオガタマ コブシ(神戸) クロバイ
キリシマツツジ カリアンドラ・セロイnew ゴールデンロッド キンモクセイ カシワバアジサイ
センダン サルスベリ ジャカランダ ジュランタ 赤色ミツマタ
サンザシ サンユウカ シャクナゲ 山茶花 スイフヨウ
スモークツリー シロヤマブキ 更紗空木 西洋水蝋 白花八重空木
しだれ桃 ジューンベリー
竹の花 ツツジ
ニワザクラ ネムノキ ナンジャモンジャ ノウゼンカズラ ノリウツギ
ニワナナカマド
ハクモクレン ブーゲンビレア フクシア ハイビスカス 花桃
ヒメシャラ ホタルノキ ブラシノキ バンマツリ
ペトレア 菩提樹 ハナミズキ ボタン ヒペリカム
ブットレア ハマナス ベニバスモモ 紅花エゴノキ バイカウツギ
ハクウンボク ヒメウツギ ハナズオウ
ミッキーマウスの木 マンサク ムクゲ ミツマタ ミヤマツツジ
ミツマタ(京都) ムラサキセンダイハギ ミツバツツジ ムラサキシキブ モクセンナ
熊野の長藤 ヤマブキ ヤマボウシ ユーカリ ヤマアジサイ
ロウバイ レンゲツツジ ライラック レンギョウ 琉球躑躅
リキュウバイ
偕楽園の梅 佐布里池の梅 しだれ梅 しだれ梅(龍尾神社) 蓬莱梅
幕山公園の梅林 向山梅林園
桜の品種 オオシマザクラ アタミザクラ オカメザクラ イズタガアカ
カンヒザクラ カワヅザクラ 啓翁桜 十月桜 シュゼンジザクラ
普賢象 花美瀧櫻 ベニシダレ 陽光桜 関山
ギョイコウ 枝垂れ桜 染井吉野


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 写真紀行 All Rights Reserved.