花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・スカシユリ
・ボトルの中に咲くバラ
花 木
・ヤマアジサイ
・ジューンベリー
樹 木
・鉾杉
・善光寺坂のムクノキ
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・トウゴマ
・ネコノヒゲ
公園・庭園
・ネパール庭園
・龍潭寺・庭園
管理人
・リンク集

カキツバタ 無量寿寺   愛知県知立市
カキツバタ
カキツバタ カキツバタ
カキツバタ カキツバタ
八橋かきつばた園
 「らころも つつなれにし ましあれば るばるきぬる びをしぞおもふ」
 平安時代の歌人在原業平が「かきつばた」の5文字を句頭に入れて歌を詠んだ八橋は、伊勢物語の昔から広く知られるカキツバタの名勝地です。敷地13,000uの庭園内には3万本が生息し、5,000uの池一面に咲きそろう5月初旬が見頃です。
謡曲「杜若」と業平の和歌
 謡曲「杜若」(かきつばた)は、在原業平が都から東げ下る途中、三河国八橋で美しく咲く杜若を見て都に残した妻を偲び「かきつばた」の五文字を句の頭に置いて
 「唐衣 きつつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思う」
と詠んだと書かれている伊勢物語を典拠にして作曲されたものである。
 東国行脚の旅僧の前に、業平によって詠まれた杜若の精が女の姿で現れ、伊勢物語の故事を語り、業平の冠と高子の后の唐衣を身につけて舞い、業平を歌舞の菩薩の化身として賛美しばがら杜若の精もその詠歌によって成仏し得たことをよろこぶという雅趣豊かな名曲である。
 松尾芭蕉  杜若(かきつばた) 我に発句の おもひあり
 芭蕉が貞亨元年(1684)に『野ざらし紀行』を終え翌年4月上旬木曽路を経て帰庵の途、鳴海(愛知県)の俳人下郷(しもさと)知足の家に泊り俳筵(はいえん)を開いた時の作といわれる。芭蕉は知足の案内でこの旧蹟八橋に遊んで懐古にふけったのであろうか。
カキツバタ・心字池 カキツバタ・心字池
心字池
 この庭園は、寺の再興者であった方厳売茶和尚が文政年間(1818〜29)に、以前よりここにあった池や庭を茶庭風に改造したものと思われる。
 庫裡前の杜若(カキツバタ)池を中心とし、一の段から四の段まで生け垣で区切られ、人の影を見ることなく杜若を眺めながら回れる回遊式庭園となっている。また正面遠景には岡崎の村積山、近景には逢妻川(あいづまがわ)の清流を借景として取り入れている。生け垣には赤目樫・山茶花が植えられ美しく刈り込まれている。毎年5月には約3万本の杜若が咲き乱れ、多くの人々で賑わう。
無量寿寺 無量寿寺
羽田玄喜二児の墓 杜若姫供養塔
無量寿寺
 名勝八橋の中心となる寺で、現在臨済宗妙心寺派に属している。寺伝では奈良時代の慶雲元年(704)の創立としており、当寺は慶雲寺と称し真言宗として寺坊大いに栄えたいう。
 延喜2年(902)山号寺号を八橋山無量寺と改めているのでこのころ今の地に移されたと伝えられ、その後に無量寿寺と改められ現在に至っている。
伝説羽田玄喜二児の墓>(下左画像)
 昔、野路宿(八橋)の医者に羽田玄喜という人がいた。妻は本地庄司の娘で二人の男児があった。早く夫に死別し女手で二児を育てていた。ある日、妻は生活の資を得るため入江浦で昆布などとっていた。二児は母を訪ねにここに来て、誤って水に落ち入り溺れて死んだ。妻は悲しさの余り、この寺に入り尼となり子の菩提を弔い墓を建てた。
 そして、村人の力により入江に橋を八つかけた。以後、この村を八橋と名付けたと伝えている。
杜若姫供養塔>(下右画像)
 花崗岩で造られた方宝篋印塔で、全高は約1m。全体に風化が著しいが、基壇は矢作川流域に見られる蓮花を省略した形式のものである。笠は五段であるが四隅の耳を欠き、相輪も途中で折れており、塔身の四仏の梵字もはっきりしない。
 杜若姫は小野中納言篁(たかむら)の娘と伝えられ、東下りの在原業平を恋い慕って、やっとこの八橋の逢妻川で追いついたが、業平の心を得ることができず、悲しんで池に身を投げて果てたと伝えられている。この塔は、姫を憐れみ、後の世に供養して建てたものと思われる。
地図
草花
アカソバ アメジストセージ オオデマリ アゲラタム 青いシクラメン
イソギク(磯菊) エキウム ブルガレ エンジェルストランペット アガパンサス アマルクリヌム
アカンサスモリス イモカタバミ アマリリス ベラドンナ オキザリス・プルプレア アークトセカ
エビネ 卯の花
ケマンソウ カタクリ キキョウ ゲットウ キフゲットウ
皇帝ダリア ケシ ギボウシ ゴクラクチョウカ クリスマスローズ
キバナコスモス カッシア コエビソウ 黄色いコスモス ガウラ
皇帝ヒマワリ クジャクアスター カキツバタ コルチカム キダチアロエ
クレマチス アーマンディー クレマチス カンタブリクス キノコ 黄素馨
コクリオオステマ
そば 水仙 スイートアリッサム ストレプトカーパス サラセニア
サルビア ジギタリス すみれ 睡蓮 シラユキゲシ
ゼフィランサス・カリナタ ソリダゴ センニチコウ シバザクラ シラン
ショウキズイセン シュウメイギク シロハギ サフラン ステルンベルギア
サルビア・インボルクラータ 白花紫蘭 スノードロップ ススキ シラー
芍薬 スカシユリnew
タンポポ ツルニチニチソウ 釣鐘人参 地湧金蓮 ダリア
ツリフネソウ ドイツスズラン タカサゴユリ ツルバキア チョコレートコスモス
ダイヤーズカモミール ツワブキ タマスダレ ダッチアイリス 多肉植物
二輪草 ノアサガオ ノシバ ノシラン
ハナニラ ブルビネラ バットフラワー ハニーベルズ フジバカマ(藤袴)
ベンガル ヤハズカズラ バショウ ベゴニア 彼岸花 ペンタス
ハゲイトウ ホトトギス ビオラ ヒメリュウキンカ ハギ
バイカモ パピルス 福寿草 ハイコモチシダ 半夏生
ホップ ブルーポピー ハマナデシコ パンパスグラス バンクシア・スピヌロサ
ヒメツルソバ ホタルブクロ ヒヤシンス ハマアザミ ペーパーホワイト
ペラドンナ・リリー バビアナ・ストリクタ ポンテデリア 花筏
ムラサキハナナ マリーゴールド メドウセージ マツバギク 水芭蕉
ムスカリ ムラサキハナナス モミジアオイ ムラサキツユクサ マンデビラ
薬師草 ヤマハッカ ヤマユリ ユーパトリューム ユリオプスデージー
リンドウ ラベンダ− ラッキョウ ロシアンセージ リアトリス
ルリマツリ ラッセリア ラケナリア ルエリア リコリス
綿

コスモス
コスモス@ コスモスA コスモスB コスモスC コスモスD
イエローキャンパス オレンジキャンパス ディープレッド
ヒマワリ
ヒマワリ@ ヒマワリA ヒマワリB ヒマワリC
ハス
ハス@ ハスA ハスB
バラ
バラの品種 香りのバラ 青いバラ 白いバラ ロイヤルローズ
日本名のバラ 世界各地のバラ バラ(神戸) ボトルの中に咲くバラ
チューリップ
チューリップの品種 チュ−リップ(神戸) チュ−リップ(浜名湖)
花菖蒲
花菖蒲の品種@ 花菖蒲の品種A 花菖蒲の品種B 花菖蒲
ウンモンチク カンザンチク キンメイホテイ クロチク セイヒチク
ダイミョウチク ホテイチク キンメイモウソウ タテジマキョウチク ホウライコマチ
バンブー


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info group All Rights Reserved.