花紀行・花おりおり トップページへ  草花、花木、樹木などを巡る花紀行


草 花
・ヒメリュウキンカ
・フジバカマ(藤袴)
花 木
・白花八重空木
・ヒメウツギ
樹 木
・鉾杉
・善光寺坂のムクノキ
実・五穀
・チキュウカン
・レモン
薬 草
・トウゴマ
・ネコノヒゲ
公園・庭園
・龍潭寺・庭園
・クレマチスの丘
管理人
・リンク集

フジバカマ(藤袴) 秋の七草   名古屋市港区
フジバカマ
フジバカマ フジバカマ
フジバカマ フジバカマ
 秋の七草(はぎ、おばな(「すすき」のこと)、くず、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、ききょう)の一つで、万葉の昔から日本人に親しまれてきた花である。 中国から渡来した多年草草本で、奈良・平安時代には、帰化して雑草化していた。 散房上に淡い紫紅色の小さな花をつける。かつては日本各地に群生していたが、今では数を減らし絶滅危惧II類に指定されていると聞いている。
山上憶良 秋の野に咲きたる花を指折り(およびをり) かき数ふれば七種(ななくさ)の花  
萩の花尾花葛花なでしこが花をみなへし また藤袴朝顔が花 
フジバカマ フジバカマ
フジバカマ
 古来、秋の七草として親しまれてきた。乾燥させた葉は、爽やかで快い香りを放つ。キク科、花期:8〜10月。現在、藤袴は京都府内で絶滅の危機に瀕している。寺町通の革堂付近にて撮る。
草花
アカソバ アメジストセージ オオデマリ アゲラタム 青いシクラメン
イソギク(磯菊) エキウム ブルガレ エンジェルストランペット アガパンサス アマルクリヌム
アカンサスモリス イモカタバミ アマリリス ベラドンナ オキザリス・プルプレア アークトセカ
エビネ 卯の花
ケマンソウ カタクリ キキョウ ゲットウ キフゲットウ
皇帝ダリア ケシ ギボウシ ゴクラクチョウカ クリスマスローズ
キバナコスモス カッシア コエビソウ 黄色いコスモス ガウラ
皇帝ヒマワリ クジャクアスター カキツバタ コルチカム キダチアロエ
クレマチス アーマンディー クレマチス カンタブリクス キノコ 黄素馨
コクリオオステマ
そば 水仙 スイートアリッサム ストレプトカーパス サラセニア
サルビア ジギタリス すみれ 睡蓮 シラユキゲシ
ゼフィランサス・カリナタ ソリダゴ センニチコウ シバザクラ シラン
ショウキズイセン シュウメイギク シロハギ サフラン ステルンベルギア
サルビア・インボルクラータ 白花紫蘭 スノードロップ ススキ シラー
芍薬
タンポポ ツルニチニチソウ 釣鐘人参 地湧金蓮 ダリア
ツリフネソウ ドイツスズラン タカサゴユリ ツルバキア チョコレートコスモス
ダイヤーズカモミール ツワブキ タマスダレ ダッチアイリス 多肉植物
二輪草 ノアサガオ ノシバ ノシラン
ハナニラ ブルビネラ バットフラワー ハニーベルズ フジバカマ(藤袴)
ベンガル ヤハズカズラ バショウ ベゴニア 彼岸花 ペンタス
ハゲイトウ ホトトギス ビオラ 花菖蒲 ハギ
バイカモ パピルス 福寿草 ハイコモチシダ 半夏生
ホップ ブルーポピー ハマナデシコ パンパスグラス バンクシア・スピヌロサ
ヒメツルソバ ホタルブクロ ヒヤシンス ハマアザミ ペーパーホワイト
ペラドンナ・リリー バビアナ・ストリクタ ポンテデリア 花筏 ヒメリュウキンカ
ムラサキハナナ マリーゴールド メドウセージ マツバギク 水芭蕉
ムスカリ ムラサキハナナス モミジアオイ ムラサキツユクサ マンデビラ
薬師草 ヤマハッカ ヤマユリ ユーパトリューム ユリオプスデージー
リンドウ ラベンダ− ラッキョウ ロシアンセージ リアトリス
ルリマツリ ラッセリア ラケナリア ルエリア リコリス
綿

コスモス
コスモス@ コスモスA コスモスB コスモスC コスモスD
イエローキャンパス オレンジキャンパス ディープレッド
ヒマワリ
ヒマワリ@ ヒマワリA ヒマワリB ヒマワリC
ハス
ハス@ ハスA ハスB
バラ
ロイヤルローズ 香りのバラ 青いバラ 白いバラ 農業高校のバラ
日本名のバラnew 世界各地のバラ バラ(神戸)
ウンモンチク カンザンチク キンメイホテイ クロチク セイヒチク
ダイミョウチク ホテイチク キンメイモウソウ タテジマキョウチク ホウライコマチ
バンブー
チューリップ
チュ−リップ(浜名湖) チュ−リップ(神戸)

品種
チューリップの品種 花菖蒲の品種@ 花菖蒲の品種A 花菖蒲の品種B


Google
WWW を検索 花紀行・花おりおり を検索

「花紀行・花おりおり」の画像を利用したい場合は「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2017 uchiyama.info All Rights Reserved.